ホーム > 遺言書サポートトップ > 遺言書サポート費用

遺言書サポート費用について

遺言書を作成したい、遺言や相続の相談にのってほしいが、費用がどのくらいかかるか?ということは、たいへん気になるところです。当行政書士事務所では、参考となる遺言に関する基本報酬額を掲載いたしております。遺言書を作成される方の諸事情により、若干の変動はいたしますが、目安として知っておくと、安心ですね。

加茂市近郊の場合、交通費はいただいておりません。

遺言書サポート費用
遺言書サポート内容 遺言書サポート費用

遺言に関する相談料

1時間あたり 4,000円(税別)+交通費等

自筆証書遺言書作成サポート

50,000円(税別)+相続財産の0.5%+交通費等

公正証書遺言書作成サポート

100,000円(税別)+相続財産の0.5%+交通費等

秘密証書遺言書作成サポート

100,000円(税別)+相続財産の0.5%+交通費等

遺言執行サービス

300,000円(税別)+評価額の1.5%+戸籍等実費
※遂行等を要するものは+相続財産の0.5%

※上記価格には消費額が別途必要となります

遺言書サポート1−遺言に関する相談料−
遺言について相談したい方で、出歩くことが困難であったり、入院されている方、ご自宅で話をしたい方など、当事務所の行政書士が出張面談をいたしております。お気軽にご相談ください。
遺言書サポート2−自筆証書遺言書作成サポート
自筆証書遺言書作成サポートは、遺言書文案の作成、遺言書の書き方指導、遺言書の封印方法など、遺言者ご自身で自筆証書遺言書を作成されるときの注意点や、法的に有効な遺言書の書き方指導をサポート致すものです。
遺言書サポート3−公正証書遺言書作成サポート
遺言者のご意思確認のもと、遺言者ご本人の代理人として公証役場での打ち合わせを行うとともに、公正証書遺言の作成をいたします。
遺言者ご自身が行うことは、後日、公証人にその遺言書が間違いないことを伝えることのみです。尚、公証人の手数料は、別途必要となります。
(下記公証人手数料一覧ご参照)
遺言書サポート4−秘密証書遺言書作成サポート
遺言者のご意思確認のもと、遺言書作成代行をいたします。
遺言者ご自身が行うことは、後日、公証役場に出向き、その遺言書がご自身の遺言書に間違いないことを伝えることのみで完成です。
尚、公証人の手数料は、別途必要となります。(下記公証人手数料一覧ご参照)
遺言書サポート5−遺言執行サービス
遺言書を作成しただけでは、相続人の間で、問題が起こりそうな場合、遺言者に代わって、遺言内容を確実に執行するサービスです。
遺言執行者として、当行政書士事務所が遺言書どおりに遺産分割を行い、相続手続きをすべて行います。
尚、相続人の人数、財産の件数などにより、報酬額が増減いたしますので、詳しくは、遺言執行サービスをご依頼いただいたお客様に、お見積りをさせていただきます。(※相続税の申告・納付に関するサービスが含まれておりません。)

このページ先頭へ

公証人手数料
目的の価額 手数料 備考
100万円以下 16,000円 ※公証人手数料は、遺言書の各項目ごとに必要となります。相続財産を細分化して、相続させる場合は、手数料は、その分必要となります。また、公証人が出張して公正証書を作成するときは、手数料が5割増しになり、その他規定の日当、旅費がかかります。
100万円超〜200万円以下 18,000円
200万円超〜500万円以下 22,000円
500万円超〜1,000万円以下 28,000円
1,000万円超〜3,000万円以下 34,000円
3,000万円超〜5,000万円以下 40,000円
5,000万円超〜1億円以下 54,000円

すでに相続トラブルが発生している場合

遺言や相続問題ですでにトラブルが発生している場合、弁護士に依頼することも考慮するとよいでしょう。

弁護士の知り合いがいない場合、各県の弁護会へお問い合わせされたりするとよいでしょう。新潟県弁護士会では、相続に関する相談ができます。新潟県弁護士会

遺言書作成サポートは笹川行政書士事務所へ

family笹川行政書士事務所では、遺言・遺言書に関するご相談や、遺言書原案の作成・指導をいたしております。遺言に関する適切な知識を有する行政書士が、 あなたの良き相談役となります。公正証書遺言書・秘密証書遺言書の場合には、必要に応じて証人を引き受けさせていただきます。

faxお問い合わせ内容は守秘義務と個人情報保護につとめておりますので、安心してご相談ください。

お電話でのお問い合わせは、(0256-57-1520)までお気軽にご相談ください。

このページ先頭へ