ホーム > 契約書作成 > 契約書サンプル−商品売買契約書

契約書サンプル−商品売買契約書

契約書の作成時の参考資料としてお役立てください。

笹川行政書士事務所では、サンプルとして契約書見本を用意いたしました。実際にご自分で契約書を作成する場合の基本事項の確認用としてご利用ください。

尚、本商品売買契約書サンプルはあくまでも見本の為、実際の契約では、契約内容に即した文面に変更する必要があります。また、本商品売買契約書サンプルをそのまま利用して契約書を作成され、何らかのトラブルが起きた場合に生じるいかなる損害につきましても、当事務所は何ら責任を負わないものとします。


商品売買契約書(注1)

 売主甲株式会社(以下「甲」という)、買主乙有限会社(以下、「乙」という)との間に、次の通り売買契約を締結する。 (注2)

第一条
甲は、以下の商品を以下の約定で乙に売り渡し、乙はこれを買い受ける。(注3)
商品名 ○○ 数量 ○○ 単価 ○○円 金額 ○○円
荷姿 ○○ 引渡 平成 年 月 日 渡
第二条
甲は、商品の引渡(注4)に当たっては、乙より商品の検査を受けなければならない。商品の引渡はこの検査の合格のときに行われたものとする。(注5)
第三条
乙は商品代金を、受け渡しの日の属する月の翌月10日に、乙の事務所において、甲に支払う。(注6)
 二 
乙が代金の支払を遅延したときは、完済まで日歩何銭の割による損害金を支払う。(注7)
第四条
甲は商品について、受渡し後一年間引渡前の原因によって生じた物品の品質不良・数量不足・変質等につき責に任ずる。(注8)
第五条
甲又は乙が本契約に違背したときは、相手方は、催告等を要せず、直ちに契約を解除し、蒙った損害の賠償を請求することができる。(注9)
第六条
本契約の定めのない事項については、甲乙協議してこれを取り定める。(注10)

この契約を証するため本証書二通を作り、署名捺印のうえ各自その一通を保有する。

平成何年何月何日(注9)

(甲)  何県何市何町何丁目何番何号

甲株式会社 代表取締役 ○○   印

(乙)  何県何市何町何丁目何番何号

乙有限会社 代表取締役 ○○   印


このページ先頭へ

注釈説明

(注1)
本サンプルは、商品売買契約の基本事項を記載した。
(注2)
契約書冒頭に、前文がおかれていることが多いが、特に記載する必要はなく、当事者の確定と契約書としての体裁をととのえる意味がある。
(注3)
売買契約では、目的物及び代金を確定する必要がある。
(注4)
引渡期日を定めたもの。
(注5)
商取引においては、買主は目的物を受け取ったら、遅滞なく検査しなければならない。取引実情等を考慮し「遅滞なく」の具体的場合により決すのがよいだろう。
(注6)
代金支払時期・支払場所について定めたもの。
(注7)
代金の履行を確保するための約定。
(注8)
商品の品質保証についての特約。
(注9)
契約解除に関する特約条項。
(注10)
本サンプルは、商品売買契約の基本事項を盛り込んだにすぎないので、記載されていない事項については、別途協議する旨の確認。
(印紙)
平成元年四月一日より非課税扱い。

契約書作成・行政手続書類作成は、笹川行政書士事務所へ。

契約書作成相談受付中笹川行政書士事務所では、契約書作成に関する各種情報発信と、契約書作成に関するご相談をお受けいたしております。お問い合わせ内容は守秘義務と個人情報保護につとめておりますので、安心してご相談ください。

笹川行政書士事務所へのお問い合わせは SSL専用フォームか、 Faxフォームをご利用ください。お電話(0256-57-1520)でのお問い合わせも承りますので、お気軽にご相談ください。

このページ先頭へ