ホーム > 会社設立支援 > 会社運営のポイント > 基本的な会計知識

基本的な会計知識−会社設立支援−

帳簿には、複式簿記による正式記帳と、簡易帳簿による2つの方法があり、税務上メリットがあるのが青色申告による複式帳簿です。複式帳簿の場合、備え付けが義務付けられている主要簿と必要に応じて備える補助簿があります。

主要簿には仕訳帳と総勘定元帳の2つがあります。

補助簿としては、総勘定元帳、現金出納帳、売掛金元帳(得意先元帳)、売上帳、買掛金元帳、仕入帳、固定資産台帳、などが必要となってきます。実際のあなたの業務内容によって用意するとよいでしょう。

簡易帳簿による場合にも、資金の流れを把握するために、経理の知識が無くても、とりあえず、記録は残しておきます。現金出納帳を元に、売掛帳、買掛帳、勘定科目ごとにまとめる経費帳は最低限必要と考えてください。

1. 現金出納帳
日常の細かな現金の出入がわかるもの。最低限必要
2. 売掛帳
得意先ごとの売掛金を管理するための帳簿
3. 買掛帳
仕入先ごとの買掛金を管理するための帳簿
4. 経費帳
それぞれの経費(勘定)別にかかった費用を管理するもの

最低限以上の4種類は備えておきましょう。

また、年度末にはすべての帳簿をもとに決算を行い、決算書を作成します。決算書は経営状況や財政状況を判断したり、将来の事業計画の立案や納税額の算出の基本資料となります。

会社であれば、株主への報告や納税の確定申告時の添付資料となったり、金融機関から融資を受ける場合の提出資料など、非常に重要なものです。

経理の流れ

経理は事業活動の資金の流れを把握する為のものです。事業の数字を把握し、経営を正しく判断する為のには、経営者として経理の知識は欠かせません。

笹川行政書士事務所は、行政書士としての専門知識はもとより、金融に関する豊かな経験とファイナンシャルプランナーとしての幅広い知識に基づき、皆様のさまざまな問題のお役に立ちたいと考えております。

身近な相談相手として、お気軽にご相談いただければ、うれしいかぎりです。

会社設立/起業のご相談は、笹川行政書士事務所へ。

会社設立/起業相談受付中笹川行政書士事務所では、会社設立/起業に関する各種情報発信と、会社設立/起業に関するご相談をお受けいたしております。お問い合わせ内容は守秘義務と個人情報保護につとめておりますので、安心してご相談ください。

このページ先頭へ