ホーム > 会社設立支援 > 会社組織にするポイント > 手続きに必要な印鑑

手続きに必要な印鑑−会社設立支援−

代表者印を準備しよう

類似商号を確認し、社名が決まったら、すぐに会社の代表者印を用意します。

代表者印は登記する際に、登記所に会社の実印として届け出る印鑑で、代表者個人の実印でも代用できますが、代表者が変わると印鑑も作り直し、登録もし直す事になるので、将来のことも考え、新たに作成しておくとよいでしょう。

代表者印以外に用意する会社の印鑑としては、銀行印を用意するとよいでしょう。銀行印は、将来、小切手や手形の振り出しや口座開設用として準備します。

手続に必要な印鑑また、社印としては、社判、角印、社印などと呼ばれる四角い印を用意し、請求書や納品書、領収書などに使用します。

この社印は、会社の認印としての役割を果たすものです。

その他にも、ゴム印として会社印、代表者印、住所、住所・社名を縦印と横印で最低1つずつは用意しておきましょう。

会社の印鑑と使用目的
印鑑の種類 内容
代表者印
  • 登記所に印鑑登録する印鑑
  • 会社の実印
  • 契約書、官公庁への提出書類など、重要な書類へ押印
銀行印
  • 銀行口座開設のときなどに使用
  • 代表者個人の印でも代用できるが、将来の手形・小切手の振り出しも考慮し、作成した方が無難
社印
  • 社判、角印、会社印などと呼ばれる四角い印
  • 請求書や領収書など、日常的に使われる印
※重要度の高い書類では通用しないことが多い
ゴム印
  • 会社印
  • 代表者印
  • 住所
  • 住所・社名
※縦印と横印を最低1つずつは用意。文字サイズや書体の違うものがあればいっそう便利
その他 日常業務に使うシャチハタ印で、”速達・請求書在中”など必要に応じて用意しておくと便利

笹川行政書士事務所では、ご希望により、会社設立の際に必要な実印、銀行印、角印などの印鑑作成の斡旋もいたします。お気軽にご相談ください。

会社設立/起業のご相談は、笹川行政書士事務所へ。

会社設立/起業相談受付中笹川行政書士事務所では、会社設立/起業に関する各種情報発信と、会社設立/起業に関するご相談をお受けいたしております。お問い合わせ内容は守秘義務と個人情報保護につとめておりますので、安心してご相談ください。

このページ先頭へ