ホーム > 会社設立支援 > 会社組織にするポイント > 会社組織の種類と概要

会社組織の種類と概要−会社設立支援−

会社組織−株式会社・特例有限会社について

2006年5月1日に施行された「会社法」は、株式会社の組織構成の自由度が増し、非公開会社と公開会社に分かれ、また既存の有限会社も株式会社として存続します(これを特例有限会社といいます)。

公開会社は、株式譲渡制限規定が無く、非公開会社は株式譲渡制限規定が有ります。

項目 特例有限会社 株式会社
−非公開会社−
株式会社
−公開会社−
出資者の数 1人以上 1人以上 1人以上
出資者の名称 株主 株主 株主
最低資本金 制限なし
※1円以上
制限なし
※1円以上
制限なし
※1円以上
取締役数 1人以上 1人以上 3人以上
取締役の任期 無期限 最長10年 最長2年
取締役会の設置 不可 任意 必要
代表取締役の設置 任意 任意 必要
監査役の設置 任意 一定のケースのみ必要 必要
監査役の任期 無期限 最長10年 4年
株式(社員)総会 株式総会書面決議可
※決議事項についての株主全員の同意が必要
株式総会書面決議可
※決議事項についての株主全員の同意が必要
株式総会書面決議可
※決議事項についての株主全員の同意が必要
決算公告 不要 必要 必要
社債の発行

また、最低資本金制度が撤廃され資本金1円からでも会社の設立が可能に。つまり今までより簡単に会社設立をすることができるようになりました。

新設されたLLC・LLPの制度について

新会社法がスタートし、有限会社制度がなくなりました。新しい会社形態として「LLC(合同会社)」の制度が創設されました。以下は、LLC・LLPの制度比較です。

項目 LLC(合同会社) LLP(有限責任事業組合)
法人格 あり なし
課税体系 法人課税 パススルー課税 ※1
(構成員課税)
責任 出資額の範囲での有限責任 出資額の範囲での有限責任
利益配分 出資金額に拘束されない 出資金額に拘束されない
監督制度 内部自治原則
(取締役会・監査役設置任意)
内部自治原則
(取締役会・監査役設置任意)
債権者保護 財務データの開示
債務超過時の利益配分の禁止
財務データの開示
債務超過時の利益配分の禁止

※1−パススルー課税(構成員課税)

パススルー課税とは、事業体では、法人税課税は受けず、出資比率に関係なく利益配分し、出資者に法人税・所得税を課税する仕組みをいいます。

会社設立/起業のご相談は、笹川行政書士事務所へ。

笹川行政書士事務所は、会社設立に関する各種相談やサポート、会社設立情報をご提供いたしております。あなたが起業するにあたり、一番良い形で会社設立ができるように、よき相談役として、会社設立をバックアップいたします。お気軽にご相談ください。

会社設立/起業相談受付中笹川行政書士事務所は、行政書士としての専門知識はもとより、金融に関する豊かな経験とファイナンシャルプランナーとしての幅広い知識に基づき、会社設立/起業を応援します。

お問い合わせ内容は守秘義務と個人情報保護につとめておりますので、安心してご相談ください。

このページ先頭へ