ホーム > 会社設立支援 > 会社組織にするポイント > 会社設立に必要な書類とは?

会社設立に必要な書類とは?−会社設立支援−

会社設立には印鑑証明書は必須!

会社を設立する手続きでは、さまざまな書類に実印を押します。株式会社の場合は、株主と役員の記名・押印が必要となり、それぞれに印鑑証明書が必要となります。

印鑑証明書は市区町村役場に登録された印鑑(実印)であるという証明をするものです。まだ印鑑登録を済ませていない場合は、すみやかに登録をしておきましょう。

金融機関へ提出する資料

どのようなとき、印鑑証明書が必要か?

  • 定款の認証を受けるとき
  • 金融機関に出資金を払込むとき
  • 登記するとき など

印鑑登録が済むと多くの自治体では、カードが発行されます。申請書にカードを添えて窓口に提出すれば、すぐに印鑑証明書を発行してもらえます。

登録できない印鑑とは?

以下のような場合、印鑑登録ができません。

  • 住民基本台帳に記載されていない氏名を使ったもの
  • 職業、資格など氏名以外を表したもの
  • ゴム印など印材が変化しやすいもの
  • 印影が不鮮明で文字が判読できないもの など

会社設立/起業のご相談は、笹川行政書士事務所へ。

笹川行政書士事務所では、会社設立に必要な定款の作成、資金計画書や事業計画書の作成指導も行っております。お気軽にご相談ください。

会社設立/起業相談受付中笹川行政書士事務所は、行政書士としての専門知識はもとより、金融に関する豊かな経験とファイナンシャルプランナーとしての幅広い知識に基づき、会社設立/起業に関するご相談をお受けいたしております。

お問い合わせ内容は守秘義務と個人情報保護につとめておりますので、安心してご相談ください。

このページ先頭へ