ホーム > 会社設立支援 > 資金作りと事業計画 > 銀行等の融資を受ける

銀行等の融資を受ける

金融機関借入難易度会社設立や起業時の資金に、民間の金融機関からの融資を希望する場合、簡単に融資してもらえると思ってはいけません。とりわけ起業資金の場合には、事業が成功するか、失敗するかがわかりにくく、融資に対するリスクも大きいため、金融機関も慎重にならざるをえません。

起業する事業規模に合わせた金融機関とは

会社設立や起業時の資金は、個人事業、または小規模会社の場合には、中小企業向けの金融機関である信用金庫や信用組合が対象になります。都市銀行、地方銀行、信託銀行などでは、まずむずかしいと考えてください。

信用金庫は、全国各地に設置されています。それぞれの営業区域が本店所在地とその周辺エリアに限られていますが、地元の商店や中小企業、住民と密着した営業を行っているという特徴があります。

信用組合についても、営業地区内の住民や個人事業者、小規模会社などを対象にとしている点では信用金庫と同様です。ただし、借入、貸付とも組合員を対象とすること、信用金庫に比べ数が少ないという違いがあります。

融資を受ける場合には、原則的にそれぞれの信用金庫や信用組合の会員や組合員になる必要があります。会員や組合員になるために、出資金として、大体1万円程度を見ておけばいいでしょう。詳しくは取引を希望する金融機関にご相談ください。

金融機関と取引を始めるときのポイント

まずは、普通預金の口座を開設し、公共料金の自動引き落とし、給料振込みなどを移していきましょう。このことは、信用金庫や信用組合と長く取引をしていくという意思表示になります。

第二段階として、定期積金などを開始します。毎月、一定額を積み立て、取引を積み重ねることにより、計画的に積み立てる姿勢とあなたの誠実さや几帳面さをアピールする材料にあります。ぜひ、計画的に実行してください。

時期が近づいたら、融資担当者にそれとなく相談を持ちかけるなど、あなたをアピールすることから始めましょう。融資を申し込む段階では、事業計画や返済計画、資金計画などの資料を準備することを忘れずに。

以上のような方法をとったとしても、必ずしも融資が受けられるとは限りません。
金融機関からの融資の可能性としては、きわめて低いことをまず認識しておきましょう。

会社設立/起業のご相談は、笹川行政書士事務所へ。

会社設立/起業相談受付中笹川行政書士事務所は、行政書士としての専門知識はもとより、金融に関する豊かな経験とファイナンシャルプランナーとしての幅広い知識に基づき、会社設立/起業に関するご相談をお受けいたしております。

お問い合わせ内容は守秘義務と個人情報保護につとめておりますので、安心してご相談ください。

このページ先頭へ