ホーム > 会社設立支援 > 起業をする前に > 会社組織でいくか、個人事業か?

会社組織でいくか、個人事業か?

起業にあたっての心構えもできたところで、次に会社組織でいくか、個人事業でいくか、を検討してみましょう。会社組織と個人事業とはちょうど裏表の関係にあります。会社組織のメリットは個人事業のデメリットとなる部分が、会社組織のデメリットは個人事業のメリットになります。以下にそれぞれの特徴まとめてみました。

会社組織と個人事業の特徴と比較

最初に、会社組織の特徴についてご紹介します。

  特徴 内容
会社組織の優位事項 有限責任である(※注1) 事業に失敗した場合、出資分を放棄し、出資した範囲内で責任を取る有限責任である
信用面での有利性がある 融資を受ける場合、個人事業より会社組織の方が信用面で有利になることがある
資金が比較的集めやすい 起業資金や運転資金を出資金として集めやすい
税金面で有利 法人にかかる法人税は、税率が一律となるため、所得が多いほど有利となる
就業員が集めやすい 従業員を雇う場合、社会保険や労働保険などの整備が義務付けらているため、個人事業に比べ従業員が集めやすい
会社組織の懸念事項 商売換えや撤退がしにくい 商売替えや撤退をする場合、手続きが必要となるため、個人事業に比べ手間がかかる
手続きが複雑 法人の手続きが必要となる
法人手続き費用がかかる
設立後の移転についても、手続きが必要
正規の帳簿の知識や決算書が要求される 複式簿記による記帳が必要となり、会計知識や帳簿の知識が必要
決算は、損益計算書や貸借対照表などの作成が必要

※注1.有限責任は、確かに出資した範囲内で責任をとるのですが、道義上の責任が残ることや、代表者であれば、連帯保証が求められることがあり、、個人事業の無限責任とあまり大差がない場合もあります。

このページ先頭へ

次に、個人事業の特徴についてご紹介します。

  特徴 内容
個人事業の優位事項 手続きが簡単 個人事業の場合、会社設立登記のような手続きが必要ない
開業場所、資金、モノなどが揃えば、すぐに起業を開始できる
起業後の移転などについても手続きがとくに必要ない
商売換えや撤退がしやすい 法人に比べ、身軽
資金の移動が柔軟 事業に必要な資金や生活費を比較的柔軟に対応することができる
簡易帳簿でもよい 簡易帳簿が認められており、法人に比べ、高度な会計知識や帳簿の知識がなくても可
個人事業の懸念事項 無限責任である 事業の失敗は、全てを失い、家の崩壊などを招く場合もある
負債は、事業主が全額返済義務を負う
資金を集めにくい 法人の手続きが必要となる
法人手続き費用がかかる
設立後の移転についても、手続きが必要
信用面で不利 複式簿記による記帳が必要となり、会計知識や帳簿の知識が必要
決算は、損益計算書や貸借対照表などの作成が必要
事業と家庭の区別がつけにくい 家族を巻き込んで従事したり、自宅と職場が隣接していたりして、仕事とプライベートの区別がつけにくい
従業員が集めにくい 福利厚生面で整備しにくいため、よい人材が集まりにくい

個人事業の特徴としては、すぐに起業できることは魅力的ですが、反面事業に失敗した場合、借金などすべての責任を事業主が負わなければなりません。これを無限責任といいます。

会社設立/起業のご相談は、笹川行政書士事務所へ。

会社設立/起業相談受付中笹川行政書士事務所では、会社設立/起業に関する各種情報発信と、会社設立/起業に関するご相談をお受けいたしております。お問い合わせ内容につきましては守秘義務と個人情報保護につとめておりますので、安心してご相談ください。

このページ先頭へ