ホーム > よくある相談

Q&A集

ここでは、当行政書士事務所へお寄せいただいたご相談の一部をまとめました。
−(回答は次ページQ&A回答集へ移動します)−

  1. 起業や会社設立・営業許可等に関すること
  2. 金融・会計に関すること
  3. 契約書作成に関すること
  4. 遺言について(回答は別ページ(遺言Q&A集)へ移動します)

(各タイトルをクリックすると各ご相談タイトルの先頭へ移動します)

1.起業や会社設立・営業許可等に関すること

Q01.
起業のための、自己資金のめあすはどのくらい用意したら?
Q02.
事業形態は個人と法人どちらがよいですか?
Q03.
飲食店を開こうと思うのですが、何か届出がいるのですか?
Q04.
フランチャイズチェーン(FC)の加盟に当たっての注意点を教えてください。
Q05.
リース契約について教えてください。
Q06.
開業にともなう届出はどんなことがありますか?

起業や会社設立等の回答集トップへこのページ先頭へ

2.金融・会計に関すること

Q01.
美容院を開業するのですが、売上予測の試算方法を教えてください。
Q02.
経理について教えてください。
Q03.
青色申告のメリットはなんですか?
Q04.
資金繰りについて教えてください。
Q05.
手形や小切手を使った取引の注意点を教えてください。
Q06.
減価償却とは何ですか?
Q07.
減価償却費の償却方法は?

金融・会計の回答集トップへこのページ先頭へ

3.契約書作成に関すること

Q01.
「期限の利益」とはどういうこと意味するのですか?
Q02.
契約書に押印する印鑑は必ず実印ですか、認印ではだめですか?
Q03.
契約解除の「法定解除権」とはどういうこと意味するのですか?
Q04.
契約解除の「約定解除権」とはどういうこと意味するのですか?
Q05.
契約書のタイトルの付け方は決まってますか?
Q06.
契約書の日付について教えてください。
Q07.
契約書には印紙税がかかると聞いていますが、金額は?
Q08.
契約者本人だけでは不安のため、保証人を要求したいのですが?

契約書作成の回答集トップへこのページ先頭へ

4.遺言に関すること(回答は別ページ(遺言Q&A集)へ移動します。)

Q01.
遺言を書面でなく、ビデオやテープで保存しても有効ですか?
Q02.
公正証書遺言の証人は、だれでもよいのでしょうか?
Q03.
自筆証書遺言は、パソコンで印字して作成することもできますか?
Q04.
印鑑の代わりにサインで署名した自筆証書遺言は有効ですか?
Q05.
未成年でも、遺言はできるのですか?
Q06.
遺言書の訂正は、どうすればよいのですか?
Q07.
夫婦連名で一つ??の遺言書を作成したのですが、有効でしょうか?
Q08.
父の自筆証書遺言に家族が手を添えてあげたり、代筆しても有効ですか?

Q&A回答集トップへ遺言Q&A集トップへこのページ先頭へ