ホーム > 営業許可申請

営業許可申請

業種によっては許認可が必要です。

これから、喫茶店を始めたい!リサイクルショップを友人と共同で立ち上げたい!など、新規に事業を始める場合に、業種によっては、許可が必要な業種があります。

この許可を取っておかないで、営業を始めてしまうと、違反となってしまい、罰則の対象となりますので、お客様が事業をはじめるにあたり、最初に確認しておきましょう。

営業許可申請が必要な業種例

  • 酒屋−酒類販売業免許
  • たばこ屋−小売販売業許可
  • 運送業−一般貨物自動車運送事業経営許可
  • 理容(美容)院−理容所・美容所開設届
  • 飲食店−食品営業許可
  • 建設業−建設業許可

笹川行政書士事務所では、許認可申請の代行をいたしております。また、積極的な起業支援も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

上記以外にもどのような業種に許認可が必要か代表的なものを別ページに一覧でまとめました。

許認可が必要な主な業種一覧表へ 業種によっては許認可が必要

場合によっては、複数の許認可が必要となることもありますので、不明な場合は、当行政書士事務所にお問い合わせください。また、詳しい内容や手続きに関するご相談もお受けいたしております。

営業許可申請のお問い合わせは、笹川行政書士事務所へ。

お問い合わせ受付中営業許可申請でご不明な点などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ内容は守秘義務と個人情報保護につとめておりますので、安心してご相談ください。

お電話でのお問い合わせは、(0256-57-1520)までお気軽にご相談ください。

このページ先頭へ